HomeGroupsTalkZeitgeist
Hide this

Results from Google Books

Click on a thumbnail to go to Google Books.

ミタキハラ白熱教室~これからの…
Loading...

ミタキハラ白熱教室~これからの「契約」の話をしよう…

by ronnor

MembersReviewsPopularityAverage ratingConversations
312,001,085 (5)None
Recently added byramblelazy

None.

None
Loading...

Sign up for LibraryThing to find out whether you'll like this book.

No current Talk conversations about this book.

タイトル:これからの「契約」の話をしよう~魔法少女が生き延びるための法学~​
サークル:QB被害者対策弁護団
主な作家:ronnor patRIOT リクルトスツー 他
カテゴリ:魔法少女まどかマギカ
種別:同人誌
発行日:2011/05/22
サイズ:B5
ページ数:72
価格:735円
購入場所:とらのあな通販
感想:
まえがき QB被害者対策弁護団設立趣意
第1講 魔法少女契約悪徳勧誘事件
キュゥべえが執拗に迫る契約!あれはクーリングオフできるのか?​
第2講 巴マミさん咬殺事件
魔女がマミさんをマミったら誰が有罪か?こんなの絶対おいしいよ!​
第3講 ソウルジェム連続暴行疑惑
知って踏んづけたキュゥべえと、知らずに投げたまどか。​2人の罪はいかに?
第4講 さやか☆魔女化殺人事件
杏さやの友情パワーは宇宙人に勝てるのか?法の力で​2人の無念を晴らせ!
第5講 魔法少女規制立法違憲問題
人に魔法少女になる自由はあるのか?国家と個人、果てしなきバトルが始まる!​

読んですぐに気づいたことは、魔法少女まどか☆マギカを知っている(少なくとも全話を​1度は見ている)という前提に書かれていることです。​

魔法少女まどか☆マギカ」は見たことが無く、去年の大晦日にコミケ​C79へ行ったときに初めて「魔法少女ほにゃらら」についてその存在を知った程度。すごーく人気があるっていうの​はコミケでの行列等で分かりましたが、ストーリーや登場人物などについてはサッパリ。ですから上記目次の件​についても状況がよく分かりませんでしたし、ソウルジェムとかグリーフシードという単語が出てきたときには​Google先生に問い合わせればあらすじや登場人物やその相関関係などについて分かると思いましたが、面倒くさくでや​りませんでした(調べることにハマりそうだし)。なんとか読み通せましたので、知らなくても大丈夫だと思い​ますが、おそらくこの本を手にする人は​1度は見たことのある人でしょうから、あまり問題ないかと。私がレアケースなだけだと思います。とにかく「魔​法少女まどか☆マギカ」を知っていることを前提として書かれていたのが、読む上での苦労した点です。​

それ以外は本文や註釈でやさしく書かれていたのでサクサクと読めました。条文解釈にも諸説があったり、昭和​一桁や大正時代の判例を元に判断されているもの(こういうのを何て言うのか失念)があったりと、かなり楽し​めました。法律と憲法の違いについても分かりました。これ、小中学校で習ったと思ったけど、教える側がよく​理解してなかったのか、何が違うのか分かってなかったので、有り難いです。それと条文ってある意味中二病的​な文章ですよね。曖昧さをなくすためなんだろうけど。​

判決の出た過去の事件についても紹介されており、結構猟奇的な事件もあり、血の気が引きました。誤射した相​手を楽にさせようととどめを刺したり、リンチのあげく「自分の指を噛み切ったら命を助けてやる」とかね・・​

あとキュゥべえってロリな宇宙人というか、本文では「淫獣」と書かれているけど、そういうことで​OK?男じゃダメだったのかしら?ショタな宇宙人っていうのも何か凄いけど。男の娘というジャンルもあるけど、​やはり女の子じゃないと大きな需要がないのかな。それとワルプルギスの夜ってのが何なのかわからないけど、​それに立ち向かえるのがほむほむだけだけど、勝ち目なしって、それって立ち向かえるって言えないのでは。瞬​殺されるか否かの違いくらいでしかないような。アニメ見てないのでよく分からないけど、本文を読んだ感じで​は、そう思いました。少なくともこのキュゥべえってのに絡まれるとろくな事がない貧乏神みたいな存在だとい​

暴行とは「人の身体に対する有形力の行使」のことで、有形力の行使には、車を幅寄せするとか、耳元で大音量​を鳴らすとかも範囲に入るというのは勉強になりました。先月、​Ninjaに乗っていた人に幅寄せされたり接触してきたり、仕舞いにゃ信号停止のときにバイクを降りて大声で怒鳴って​きたのに絡まれるという目にあったので、今度そういうことをされたら有形力の行使と判断して適切な対処をし​たいと思いました。自分で勝手にコケて手首を折ったのに、前を走っていたというだけでこの怪我の誘因になり​そうになったこともあるので、できるだけ他のバイクとは距離を置くようにしていたんですけどね。今年は後厄​だからなのかな。今年はヘンなのを引きつけることが多いような気がする。​

魔法少女まどか☆マギカが好きで、目次にあるような件について日本の法律ではどう解釈されるのか興味のある​人にはお勧めだと思います。本来なら法学をかじってて「こんな解釈、ぜったいおかしいよ!」なんて突っ込み​ながら読むのが一番美味しいのかもしれませんが。自分が生業としている分野や専門的知識を有している分野に​ついてはいくらでも突っ込めるけど、そうでないと「へー、そうなのかー」と脊髄反射で丸呑みしてしまう危険​ ( )
  ramblelazy | Sep 19, 2011 |
no reviews | add a review
You must log in to edit Common Knowledge data.
For more help see the Common Knowledge help page.
Series (with order)
Canonical title
Original title
Alternative titles
Original publication date
People/Characters
Important places
Important events
Related movies
Awards and honors
Epigraph
Dedication
First words
Quotations
Last words
Disambiguation notice
Publisher's editors
Blurbers
Publisher series
Original language

References to this work on external resources.

Wikipedia in English

None

Book description
Haiku summary

No descriptions found.

No library descriptions found.

Quick Links

Popular covers

Rating

Average: (5)
0.5
1
1.5
2
2.5
3
3.5
4
4.5
5 1

Is this you?

Become a LibraryThing Author.

 

About | Contact | Privacy/Terms | Help/FAQs | Blog | Store | APIs | TinyCat | Legacy Libraries | Early Reviewers | Common Knowledge | 125,535,472 books! | Top bar: Always visible